ロボット教室

小学校低学年から高学年まで
誰もが受講できる「ロボット」づくりを楽しむ教室です

ロボット工学や宇宙工学など、21世紀社会をリードする分野で活躍する技術者の多くが、「ロボット」「乗り物」「ブロックなどの工作系おもちゃ」が大好きな子どもでした。

子ども時代のそんな志向を、創造力や空間認識能力といったクリエイティブな能力育成や、理数系・工学系の知識への興味関心へと導き、自発的な学習意欲を引き出せるのが「ロボット教室」。

お子さまの無限の可能性を引き出しましょう。

ロボット教室の特色

1ブロック × 手作業で、発想力が育つ

「ロボット教室」のロボットはブロックで組み立てます。
ブロックを手で触りながら試行錯誤し考える、という行為はアイディアが生まれやすく、発想力が身につきます。

2空間認識能力がつく

ブロックをいじりながら、どんな作り方をしようかと考えるうちに、頭の中で立体物が自由にイメージできるように。
この能力は、子どもの頃にしか養えないといわれています。

3クリエイティブを生み出す感性を伸ばす

ブロックを使いイメージをカタチにすることは、モノを生み出すこと。この時期のこども特有の豊かな想像力や自由な感性を表現できる喜びに、子ども自身が夢中になります。

4力学、動力の仕組みを体感として学ぶ

ギアやモーターといった動力の仕組み、さらに「てこの原理」や「摩擦の力」といった理科の知識を、自分が作りたいロボットを通して体感しながら学ぶことができます。

51つのキットからいくつものロボットを作る

同じブロックキットから何十種類ものロボットを作成します。
お子さまが試行錯誤しながら数多くのロボットを作成することが、さまざまな能力を引き出すきっかけとなるのです。

6ロボットクリエイターがアドバイザー

学びスタジオはヒューマンアカデミーの提携校として、ロボット教室を開講しています。教材・カリキュラムはヒューマンアカデミーが提供するものであり、この内容はロボットクリエイターの高橋智隆先生のアドバイスを受けて作成されたものとなっています。

カリキュラム・コース紹介

スタートUP講座
(1ヵ月)

ロボット製作に入る前に、ブロックの部品の名前や必要なモーターの仕組み、ギアの組み方など基本知識を学びます。

ベーシックコース
(18ヵ月)

写真を見ながらさまざまなバリエーションのロボットを製作し、構造や動きの仕組みを学びます。選択式や穴埋め式の設問に取り組みながら理解を深め、自分だけのロボットに改造していきます。

ミドルコース
(18ヵ月)

より複雑な構造で面白い動きをするロボット製作に取り組みます。写真に頼らない観察力や空間認識能力を養うとともに、設問も記述式が増え、自分の考えを論理的に説明することも求められます。

アドバンスコース
(24ヵ月)

図面からロボット製作に取り組みます。本格ロボットの3要素である入力系(センサー)・制御系(マイコン)・出力系(モーター)を組み合わせ、より自律的な賢いロボットを作り上げていきます。

ベーシックコース・ミドルコースの授業の流れ

授業は月2回開講。毎月1体のロボットを製作します。

【1回目 基本作業】
高橋智隆先生が教材を監修したロボットを試行錯誤しながら製作。完成したときの感動や動いたときの驚きを体験し、理科・算数への興味を引き出していきます。

【2回目 応用・実践】
基本製作で作ったロボットを「もっと早く走らせるには?」「もっと力を強くするには?」などの課題に応じオリジナル仕様にしてみます。クラスの友達と楽しくゲームや競技をしながら、動力の仕組み、てこや摩擦など理科の知識を学習します。

開講日と費用

開講日

授業日 第2・第4土曜日
授業時間 13:00~14:30

※スタート UP 講座は、授業日以外の日にご相談の上で設定します。
※授業日の振り替えは可能です。

費用

授業料(月) 9,720円
テキスト代(月) 540円
教具代(スタート時) 30,780円
教具代(アドバンスコース開始時) 19,440円