ブログ

014中学受験のすすめ〜子どもの一生の宝となる"問題を解く"という喜び

こんにちは、アーガス進学会・学びスタジオの奥川悦弘です。
.

.
フィットネス・トレーニングを続けていれば、健康を維持する力がアップするように、
考えるトレーニングを続けていれば、必ず考える力が鍛えられます。
.
❤︎頭を鍛えるコーチが必要
.
ただし、
自己流で間違ったトレーニングのやり方では、健康を害するおそれがあります。
ですから、頭を鍛える時にも、コーチが必要です。
.
コーチの役割は、子どもに代わってトレーニングすることではありません。
コーチにできることは、やり方を伝え、子どもを励ますことです。
.
❤︎考え続けていると、"わかる"瞬間がくる
.
そうして考え続けているうちに、ほとんどすべての子どもに"わかる"瞬間がやってきます。
.
考え続けていれば、難問を解けることが、身を持って理解できるのです。
.
その瞬間の喜びは、今まで経験したことのない感覚です。
.
❤︎考えることが苦にならない
.
そして、一度、この解ける喜びを味わうと、
考え続けることは苦しくも何ともなくなります。
.
なぜなら、考えることをやめなければ、必ず解けることがわかっているからです。
.
❤︎中学入試問題も必ず解ける
.
いくら難問だとしても、
それが中学入試問題だとしても、
誰かが作った問題である限り、
必ず解けるようになっています。
.
だから、
問題は必ず解ける。あるいは解き方は必ずある。そう信じて取り組めば、考え続けられます。
.
考え続けて、正しく試行錯誤を繰り返すことができれば、考える力は自然についていきます。
.
❤︎考える力は一生の宝物
.
そうして養われた考える力は一生の宝物となります。
.
なぜなら、考える力がつくと、
何でも考えるようになるからです。
.
例えば、
授業を聞いていても、聞いた内容を考えて理解するようになります。
.
❤︎「なぜ」と、因果関係を見つける
.
歴史なども「なぜ、そうなったのか」と考えながら理解します。
.
考える目的の一つは因果関係を見つけることで、歴史上の出来事にはほとんど因果関係があります。
.
ですから、因果関係を理解できれば、覚えなければならないことは、限られてきます。
因果関係に注目するようになれば、どの教科も理解できるようになっていきます。
.
❤︎まとめ。社会に出た時に必要な力
.
そして、因果関係に注目することは、
「なぜ?」「どうして?」を常に自分に問いかけることです。
.
この力こそ、社会に出た時に最も必要とされる力、自ら問題を見つけて解決する能力です。
.
しかも、
問題を解けた時の喜びを知っているから、考えることを楽しむことができる。
.
考えると"楽"しい人生が待っているのです。素敵だと思いませんか?