ブログ

人生には、落とし穴がいっぱい!


.
今日は、成功と失敗の捉え方と子どもの成長についてお話しします。
.
❤︎やりたいことをやっている人は、それだけでも成功者
.
ノミネートされても賞を勝ちとれる人聞は20%としたら、残りの80%はとれません。
.
みんなは80%の人たちに、残念だったね、次頑張れば大丈夫と声をかけ、慰めます。
.
しかし、その人たちは本当に敗者なのでしょうか?そうではないと思います。
.
彼らは全員、役者になりたいと願い、そして実際に夢をかなえた、やりたいことをやれている成功者なのです。
.
❤︎成功と失敗の捉え方
.
多くの人は、合格することや賞をとることばかりを"成功"と捉え、
それができなければ"失敗"と決めてしまう癖があります。
.
成功と失敗の捉え方を誤ってしまうと、能カを伸ばす妨げになってしまいます。
.
❤︎"合格する"ことや"賞をとる"ことだけを成功だと考えると
.
賞をとったり、合格したりすることを成功の基準に設定するのは、目安としては単純でわかりやすいかもしれません。
.
しかし、こうしたことだけを成功と定めると、失敗を恐れ、萎縮してしまい、自分に才能に疑問を持ち、前に踏み出すのを避けてしまいます。
.
❤︎落とし穴にはまってはダメ
.
さらに、親から、
「絶対に穴に落ちたらダメよ」
と言われれば、
.
子どもが不安になり、前に歩き出せなくなるのも当然です。
.
❤︎穴に落ちない、失敗しない方法
.
"穴に落ちない、挫折も失敗もしない唯一の方法は、挑戦しないこと"という言葉があります。
.
確かにノミネート自体を断っていたら、絶対に落選することはありません。
.
しかし、絶対に賞もとれません。
.
❤︎"穴から出るために役立つ"道具を渡すのが親・大人の役割
.
長い人生、目的地に向かって道を歩いていれば、必ず穴に落ちることがあります。
.
でも、穴に落ちたら終わりではないのです。
這い上がって、再び歩き出せば済むことなのです。
.
だから親は、
ロープをもたせたり、
上りやすいスパイクを履かせたりして、
穴から出るために役立つ道具を渡してあげるべきです。
.
❤︎穴に落ちても、這い上がる
.
そうすれば、
子どもは穴に落ちるのが恐くなくなります。
.
例えば、
子どもに様々な体験や学習をさせ、ミスをしたときは
「そこから何が学べるか」
「どうやったら成長できるか」
を考える習慣を教えていきましょう。
 .
❤︎まとめ
.
自信がなくても行動し、
挑戦し続けることが成功だと認識するようになれば、失敗を恐れずにどんどんチャレンジできます。
.
その結果、能力も伸びて、いつの間にか賞をとれているのです。
.
子どもの人生には、落とし穴がいっぱいあります。
落ちない方が不思議なぐらいです。
.
穴に落ちないようにではなく、
落ちた穴から出るために役立つ道具を与えてあげましょう!