ブログ

我慢は目的ではなく、目的を達成するための “術(すべ)”


.
“我慢できる子は、いい子”ですか、
それとも、
“自己主張”を大切に育てるほうが子どものためになると思いますか。
.
今日は、我慢について書いてみます
.
♥「怒られるから、我慢しよう」と「時間が来たから、我慢しよう」
.
例えば、
公園で2人の子どもが遊んでいます。
帰る時間になったので親が声をかけます。
.
A「もう、何度やったら気がすむの。いいかげん、帰るわよ!」
B「4時に帰るって約束したから、あともう1回やったら帰ろうね」
.
どちらの子どもも、もっと遊びたい気持ちを我慢することになるわけですが、
親の言葉がけによって“我慢するときに感じる気持ち”に違いが生じます。
.
Aの子どもは、お行儀よく、聞き分けのいい子になるかもしれませんが、
実はこのAの対応、とても危険なのです。
.
親が厳しくしつけている場合は、
子どもは“親に怒られるから我慢する”だけであって、“なぜ我慢するのか”をまったく理解していないことが多いからです。
.
この場合、子どもにとって我慢するメリットは“親に叱られないこと・罰を与えられないこと”だけです。
これは、抑圧的な“悪い我慢”のさせ方です。
.
Bの子どもも、もっと遊びたいのに我慢をしています。
しかし、「時間が来たから帰るんだ」と本人も納得しているので、子どもが自らを自制できている“よい我慢”のさせ方です。
.
我慢する理由が“親の抑圧”なのか“子どもの自制心”なのかで、我慢の質が変わります。
.
♥我慢できる子の未来は“成績優秀で社会的にも成功”
.
子どもの自制心についての有名な実験が、“マシュマロ・テスト”です。以前、私のブログで紹介したことがあります。
.
“満足を先延ばしできる能力”を調べるため、
マシュマロを子どもたちの前に用意し、
「いま食べるなら1個、
15分我慢したら2個あげる」ことを伝えます。
.
結果は、すぐ食べた子、我慢した子、ほぼ半々だったそうですが、
その後の彼らの人生の追跡調査で判明したのは、“我慢した子のほうが、成績優秀で社会的成功を収めていた”という事実でした。
.
理由も説明もなくただ「我慢しなさい」と頭ごなしに言うことは、
子どもにとって苦痛以外の何物でもなく、圧力に押さえつけられた感情はかなりの精神的ダメージとなってしまいまいます。。
.
一方、
マシュマロ・テストのように、
「マシュマロを多くもらえるから、我慢する」というのは、報酬を得るという目的があっての我慢、我慢したらよいことがあるとわかっているから、自制心が働きますし、最終的には達成感を得られるので、精神的にもプラスに作用します。
.
つまり、我慢には目的が必要ということ。目的を達成するための自発的な我慢が“真の我慢”と呼べると思います。
.
♥子どもは、自分の感情をコントロールできている?
.
“真の我慢”をするためには、2つの能力が必要です。
.
❶まずは“想像力”
.
我慢することで得られる未来を、想像する必要があります。
「我慢したらおいしいケーキが食べられる」など、未来を想像する力が行動のモチベーションになります。
.
これは人生で試練にぶつかり、困難を乗り越えるときに、希望を見いだすための大きな力となります。
.
❷もうひとつは、“自分を慰める力”。
.
つらいとき、気持ちをぐっとこらえて、気を紛らわせて乗りきることです。
.
我慢には待つ時間があります。
「いまやりたいのに」というとき。
駄々をこねず、歌を歌ったり、本を読んだり、体を動かしたり……
子どもは、目的達成のために気持ちを切り替えることを学ぶことで、自分の感情をコントロールする力、つまり自制心を身につけます。
.
日々、小さな我慢を積み重ねていくうちに、筋トレのように着実に自制心が育まれ、“真の我慢”ができるようになるのです。
.
♥子どもの成長に合わせた我慢の育み方
.
❶2歳頃は、意欲や欲求が一気に育つ時期
.
気持ちを発散することで、感情のコントロールをしようとする時期で、いわゆる“イヤイヤ期”。我慢を覚える手前です。
.
親にとってはとても大変なときですが、
子どもはめきめきと成長しているので、この時期は我慢ではなく“意欲”を優先してあげてください。
.
❷3歳~4歳は、自己主張と我慢の間にいる時期
.
「やりたいことができない」など、自分へのイライラからぐずることも増えます。
.
しかし、抑圧的な言葉がけはよくありません。
子どもの気持ちが切り替えられるような工夫して言葉をかけます。
.
すんなりとはいかなくても、その関わり合いのなかで、子どもは親の愛をしっかり感じとっています。
.
❸4歳からは“我慢適齢期”
.
“真の我慢”ができるように、「なぜいま我慢をするのか」を説明してあげましょう。
.
そこで意識したいのは、子どもの気持ちです。
無理に我慢をさせすぎてしまうと、親の言うことを守るだけが我慢の目的になってしまい、子どもの自主性が育ちませんし、自己肯定感も低くなります。
.
特に、我慢できなかったからと罰を与えることは、“問題は力で解決できる”という悪い例を示すだけでよい効果はありません。
.
♥“子どもを頭ごなしに叱らない!“2つの対処法
.
❶子どもへの注目をいったんやめる
.
カッカする気持ちを抑えて、「話がしたいんだけど、お話しする前にちょっとお皿を洗ってくるね」などと、一度“タイム”を入れることで、冷静に問題と向き合うことができます。
.
❷親子でイライラしたときの気分転換を決めておく
.
気持ちが高ぶっているときは、親子共に感情的になっていることが多いです。
.
そこで、イライラしたときの気分転換方法を、親子で一緒の“タイム”を考えておきます。”ジャンプをする”、”深呼吸する”……、なんでもかまいません。
何か起きたときに、この行動を一緒にすることで、お互いに落ち着きを取り戻せるでしょう。
.
この2つの対処法は、“真の我慢”のための、“自分を慰める力”、つまり“自己コントロール力”につながります。