ブログ

体と心のセルフコアチューニング❶


.
みなさんは、“コアチューニング”という言葉を知っていますか?
.
今日、私は、セルフコアチューニング体操の講習を受けてきました。
.
♥コアチューニングとは
.
コアというと、
物の中心部、中核、核心という意味です。
.
チューニングというと、
ピアノを調律する、ギターをチューニングする……
楽器を本来の音が出るようにして、最高の音を引き出すこと。
.
だから、コアチューニングとは、
体の中心になる部分をチューニングして、身心をいい状態に戻すことです。
.
♥コアチューニングの効果~身を整え、心を整える。
.
身体がゆるみ、腹圧を高めることで、
身体の中心が安定し、
繋がりにくくなっていた呼吸、脳、筋肉を繋げ、身体は本来の状態に戻します。
.
このように、
身体が整うことで、
心、精神も整い、健康で幸福感を感じ、
勉強・スポーツ・仕事に、
飛躍的に高いパフォーマンスを発揮することができるようになるということです。
.
♥西洋の“自力”と日本の“自力”と“他力”の融合
.
西洋から来た筋トレは、“自力”のパワーアップを目指しているのに対し、
古来から日本人が大切にしてきたのは、“自力”と“他力”の融合です。
.
♥自力と他力を使ってはじめて引き出せる能力
.

(JAPANコアチューニング協会のHPより)
.
これは、日本人の身体操作法をあらわす1枚の有名な写真です。
昭和14年に山形の農村で撮られたこの写真は、現代人から見ると信じられない光景ですね。
.
一俵あたりの重さは60kgなので、
五俵の米を担ぐ小柄な女性たちは、
重量にして約300kgの荷物を背負っていることになります。
.
しかし、“俵”の単位が、
当時、現代よりも小柄だった女性たちが一人で担ぐ重量として、無理なく運べる単位として
つくられたことを考えると、今の常識とは随分異なりますね。
.
これは、決して筋肉トレーニングで成し得るものではありません。
.
“自力”で身体を水のようにゆるめ、
“他力”として地球の重力を感じることが
このような驚くべき身体操作が現実のものとなります。
.
この”自力“と“他力”を融合させ、脳科学、物理学、呼吸法の要素も含め体系化されたのが、コアチューニングです。
.
♥セルフコアチューニング体験
.
本日、私は、4種類のセルフコアチューニング体操を体験しました。
この体操は、腹腔内圧を調整し、抗重力筋を緩めて体幹を整える体操です。
.
初めてなので、説明を受けながらゆっくりと行いましたが、実際には15分ぐらいでできるようです。
.
この体操後、感じた変化は、
体の中心が、丹田(おへその10センチ下あたり)に感じられるようになったこと、立った時、左足に重心が傾いていたのが、両足でしっかり立てる感じになったこと、重力をちょっと感じられるようになったことです。
.
♥毎日、朝・夜15分の体操
.
このセルフコアチューニング体操は、コアチューニングを自分でできる体操です。
これから毎日やってみようと思います。
.
私自身が、身心ともによりいい状態で、塾を運営していきたいですし、
.
また、子どもや保護者にも、セルフコアチューニング体操のお話をして、
いい状態で、勉強してもらいたいと思っています。