ブログ

触覚の発達は、情緒の安定、自尊心を育てる。

こんにちは、東大阪市瓢箪山ある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。

.

.
今日は、五感のうち"触覚"について書きます。
.
❤︎赤ちゃんは口の中が一番敏感
.
赤ちゃんが1歳になるくらいまでは、何でも口に入れます。
.
なぜならば、
その時期は口の中の感覚が一番敏感だったからなのです。
.
❤︎"視覚"と手の"触覚"が発達
.
しかし、3歳に近づくと、何でも口に入れる子どもはいなくなります。
.
なぜならば、
"視覚"と手の"触覚"が発達してくるからです。
.
この時期からは、様々なものを手で触れさせて、
その感覚を言葉で表現することを教えていってください。
.
❤︎3歳から、触覚さがし
.
感覚の敏感期にある子どもを観察していると、
いろいろなものを自分の手で何回もなでて、その感触を確認することがよくあります。
.
子どもが触っている時に、
「ザラザラだね~」「スベスベだね~」
と言葉をかけます。
.
最初はキョトンとしていても、
「じゃあ、ザラザラを探しに行こう!」と、
声をかけて部屋の中を探します。
.
ザラザラしているものを見つけたら、
一緒に手でなでて、「ザラザラだね~」と楽しみます。
.
何種類か触ると、
「ザラザラ」という言葉と体感が一致するようになります。
.
日常生活で、
何でも触ってしまうのは"触覚の敏感期"にあるからなのです。
危険なものでない限りは、十分に触らせてあげましょう。
.
❤︎袋を使って触覚を刺激
.
❤︎重い袋・軽い袋
.
同じ大きさの袋(中身が見えないもの)に、
違う重さのものを入れます。
.
そして、交互に持たせて、
「重いね」
「軽いね」と言葉を入れます。
.
言葉が定着してきたら「どっちが重い?」と聞いてみます。
.
さらに、
袋の個数を増やして「一番重い袋をください」と聞いてみます。
.
❤︎”秘密の袋”
.
中が見えない同じ袋を2つ用意します。
その中に、子どもが興味を持ちそうで、触っても安全なものを、それぞれの袋に入れておきます。10種類ぐらいまで。
.
❶一つ袋の中から、
「好きなものを1個取り出して、テーブルの上に置こう」と言います。
.
❷取り出したら、
「もう一つの袋に手を突っ込み、中を見ないで、同じものをさがそう」と言います。
.
❤︎感覚の孤立化
.
この”秘密の袋”は中を見ないで同じものを探すことがポイントです。
視覚を遮ることで、触覚に集中させるためです。
.
目隠しをすることで、情報量が一番多い視覚をさえぎります。そうすることで、視覚以外の感覚を際立たせることが目的です。
.
次に、触覚のはたらきについて説明します。
.
❤︎触覚の4つのはたらき
.
❶情緒を安定させる
.
お母さんに抱っこされたときの肌と肌の触れ合い
毛布でくるまれた時の心地よさ……
は触覚を通して感じています。
.
この感覚を感じることで"情緒の安定"につながります。
.
❷危険を察知し身体を防衛する
.
例えば、
熱いやかんに触れたときに、手をやかんからパットと離したり、
腕に虫が止まったときに、サッと払いのけたりできます。
.
❸識別する
.
触れたものの"素材"や"かたち""大きさ"を、見て確かめなくても、触りわけるはたらきです。
.
この識別する能力は、手先の器用さにもつながっていきます。
.
例えば、
5円玉と切符が入っているポケットから5円玉だけ取り出す
かばんの中に手を入れ、財布や携帯だけを取り出す……
.
❹ボディーイメージの発達
.
皮膚は、自分の身体と外界の境界にあるため、
皮膚から感じる触覚を通して、
私たちは自分の身体の輪郭や大きさ、長さなどを把握することができています。
.
❤︎ボディーイメージとは、
.
自分自身の身体の地図のこと。
目をつむっていても、自分の頭やつま先がどこにあるか分かる力です。
.
手元を布で隠されていても、どの指を触られているか分かる、
ジャングルジムに頭をぶつけずに登れる、
床に落ちた消しゴムを机に頭をぶつけずに拾える……
身体の地図が頭のなかにしっかりできているからできます。
.
❤︎ボディーイメージの未発達だったら
.
自分の身体でありながら、その実感がうまくつかめないため、さまざまな動作や行動上の難しさがでてきます。
.
❤︎ "不器用""動作のぎこちなさ"
.
体操は真似できるけど、どこか動きがぎこちない、
折り紙は折れるけど、角と角を合わせることができない、
よく壁や人にぶつかる、
人やボールと距離感を取ることが難しい
.
❤︎運動・細かな手先を使うことを回避
.
「やりたいけど上手にできない」ことを感じると、子どもだちはその活動自体を回避してしまいます。
.
❤︎まとめ
.
触覚の発達は、
気持ちの安定・運動の発達・手先の器用さの発達・自尊心を育てる ことに重要な役割を果たしています。
.
"触覚の敏感期"に、
触れさせて、その感覚を言葉で表現する体験をいっぱいさせてあげましょう!