ブログ

"色"と"形"で視覚を刺激し、敏感期の脳を活性化!

こんにちは、東大阪瓢箪山ある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。

.

.
前回のブログで、
"五感を研ぎ澄まそう"という話をしました。
.
その五感の中で、
脳に最も多くの情報を送っているのが"視覚"です。
今回は、視覚について書きます。
.
集中して視覚を使うことで、
子どもの頭は活性化し、理解し、整理記憶をしていくことになります。
.
まずは
"形"と"色"を判断する能力から伸びていきます。
.
❤︎"形"の感覚
.
❤︎感覚を身につける三段階
.
感覚で捉え、それを言葉で表現することが、3歳以降のポイントです。
.
次の三段階を意識しましょう。
.
❶第一段階は"言葉だけ"で伝える
.
最初は比較しない。
.
たとえば、
子どもが大きなボールを持った時に、
タイミング良く「大きい」「大きいねぇ」「大きいボール」と繰り返します。
.
他の大きなものがあったら「大きい」という言葉を伝えます。
言葉を繰り返すことで「大きい」という言葉と概念が、子どもに入っていきます。
.
❷第二段階は比較級
.
次は2つのものを比較して言葉を伝えていきます。
比較するものは、最初は同じ種類のものを使います。
.
伝える時は、多少オーバーにすることも効果的です。
.
❤︎比較する視覚の5つの要素
.
大きい と 小さい
長い と 短い
太い と 細い
高い と 低い
暗い と 明るい
.
❸第三段階は、最上級
.
2つのものの比較ができ、言葉に出せるようになったら、対象を3つ、4つと増やして比べていきます。
.
規則正しく並べたら指をさして、
「だんだん大きくなる」
「だんだん小さくなる」
と言葉の表現を増やしていきます。
.
比較級
「これと、これとではどちらが大きい?」
から、
最上級
「一番大きいのはどれ?」
「一番小さいのを取ってね」
と発展していきます。
.
❤︎"色"の感覚
 .
折り紙などを使って、三段階で、色とその名前を覚えもらいです。
.
❶第一段階は、3原色(赤・青・黄)
.
❷第二段階は、11色(赤・青・黄・白・黒・オレンジ・緑・紫・茶・灰・ピンク)
.
3原色と白・黒を混ぜて作ることができる11色。
.
❸第三段階は、明暗
.
同じ色でも暗い青と、明るい青があることを伝えます。
.
❤︎12色から24色へ
.
様々な色に興味を示すようになり、
色の名前が言えるようになってきたら、
クレヨンや色鉛筆も12色から24色にバージョンアップさせましょう。
.
同じ"みどり"でも、
"きみどり、若くさ色、うぐいす色"などの区別や、使い分けがいろいろできたほうが、
彩り豊かな人生を歩めます。
.
❤︎言葉と文字
.
3歳ごろから、文字の敏感期に入ります。
.
言葉で覚えたものを文字で表現することも教えていきましょう。
.
そして、"学び"の扉を開けてあげましょう!