ブログ

"読んでもらって楽しむ"から"自分で読んで楽しむ"

こんにちは、東大阪瓢箪山ある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。

.

.
子どもに、将来、本格的なファンタジー小説を楽しむ少年少女に育ってほしいですね。
.
しかし、
時期がきたら読めるようになるかというと、
なかなかそうはなりません。
.
❤︎読書には順番がある
.
まず、
❶絵本の世界を楽しむ
.
言葉を聴いてイメージを描けない幼児のために、質の高い絵のついた絵本をたっぷり読み聞かせます。
.
絵を見て、言葉を聞いて、楽しみます。
.
次に、
❷幼年童話の世界が待っています
.
幼年童話は、絵が多く、文字が大きく、文章が長過ぎないのが特徴です。
.
まだまだ、読み聞かせをして、楽しみます。言葉を聞いてイメージすることがだんだんとできるようになります。
.
そして、
❸童話の世界へ
.
童話は、文章を重視し、絵は挿絵など補助的に描かれています。
.
童話を聞いたり、読んだりすることで、話の内容が理解てきるようになり、楽しめるようになる。
.
また、
❤︎読んでもらって楽しむことのできる年齢と、自分で読んで楽しむことのできる年齢に差がある
.
例えば、
「おおきなかぶ」
読んでもらうと、2~3歳でも充分楽しんでいますが、
自分で読むとなると、小学校1年生の教科書にそのまま出てきますので、6歳になって楽しめることになります。
.
❤︎読むことは、聞くことを十分に体験してから、自発的に
.
内容を理解できなければ、楽しむことができません。
.
だから、読み聞かせを十分にしてあげましょう。
.
そして、
自分で、自発的に読み始めたら、読むことのスタートになります。
.
❤︎読むの練習
.
私の塾をでは、3歳・4歳から、国語の読解問題を行います。
.
問題文は、昔話や児童童話です。
.
読めない時は、読み聞かせながら、一緒に問題を解いていきます。
.
読む練習もしますが、無理強いはしません。
無理をすると読むことが嫌いになるからです。
.
読み聞かせながら、問題に答えて、その答えを書いてもらっていると、
だんだんと読みたくなり、問題文を読もうとします
.
読めると、楽しくなり、どんどん自分で読むようになっていきます。
.
❤︎まとめ
.
子どもは、誰でも潜在的に読書が楽しめる能力をもって生まれてきます。
.
その能力をスムーズに芽生えさせ、育て、花開かせていくのは、親・大人の役目です。
.
幼年童話を子どもと一緒にめくりながら読み聞かせ、
優れた絵本にたくさん出会わせてあげた後は、
本格的なファンタジーを楽しめる"名作童話"の世界へ連れていってあげて下さい。
.
100年以上にわたり読み継がれてきた名作を子ども達とぜひ出会わせてあげたいですね。
.
幼年童話を体験した子どもは、
好奇心と空想力が発達し、
本そのもののおもしろさを実感できるようになるでしょう。