ブログ

勉強中の子どもの頭の中で、何が起こってる?

こんにちは、東大阪瓢箪山にある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。

.

.
親として、自分の子どもが学んでいる時に、頭の中で何が起こっているのかを見てみたいですよね。
.
❤︎同じような問題なのに
.
こんな経験はありませんか。
.
子どもが、ある問題の類題を解いている時、
親から見ると、「同じ問題」なのに、
子どもには、「同じ問題」には見えず、
全く答えることができないとい経験を。
.
なぜか、
それは、「抽象化能力」に問題があるんですね。
.
例えていえば、
「耳が長くて、ぴょんぴょん飛び跳ね、鼻をピクピク動かす生物」が「うさぎ」であるというように抽象化ができず、
ただ「ふさふさしていて、4本の足で走り、ヒゲがある」と捉えてしまって、猫かうさぎか犬か何かわからないでいるような感じです。
.
❤︎「抽象化能力」自体は、人間特有の「情報を統合して解釈する力」
.
あのスーパーコンピュータでさえ、1000万個の具体を暗記しても、抽象化の確率は75%だったそうです。
.
われわれ人間は、そんなにたくさん具体数を見なくても、抽象化できますね。
.
このように、
コンピュータは、それぞれを別々に判断し暗記していきますので、「抽象化能力」は、極めて苦手と言えます。
.
そして、
❤︎発達段階にある子どもの頭は、コンピュータと同じ
.
子どもは、「抽象化思考」を用いずに、あたかもコンピュータのように「問題を、別々のものとして大量に暗記していく」のです。
.
だから、
発展段階にある子どもは、大量の問題を解くことをしなければ、抽象化できないのです。
.
❤︎「地頭」がよいことと「抽象化能力」
.
この抽象化能力は、一般的に「地頭」と言われるものと近しい関係にあります。
.
ものごとを、抽象化された知識と高度に関連づけて考えられることが、地頭が強いということになります。
.
だから、
発達途上の小学生の子どもたちにとっては、
いかに「抽象化思考」ができるようになるかが、直面している学びの世界なのです。
.
❤︎「抽象化能力」とは何か
.
「抽象化能力」とは、
「無駄な情報を省いて、その具体の問題に『ラベルづけ』を行う力」
「関係が弱い要素を無視して、関係が強い要素を抽出して、判断する力」
「共通している要素をくくっていく力」
です。
.
❤︎学びにおいて、抽象化能力は重要
.
「学び」において、この「抽象化能力」は非常に重要になります。
.
「抽象化能力」が高ければ、具体的な問題を解くだけで、その問題で取り上げられている論点を理解することができます。
.
逆に、
「抽象化能力」が低ければ、非常にたくさんの問題を解かなければ、なかなか論点を理解することはできません。
.
更に、
記憶に関しても、
抽象化できると、まとめて記憶することができますが、
抽象化できないと、一問一問を別の問題として覚えるので、忘れやすく、復習の頻度や量も必然的に増やさなくてはならなくなります。
.
抽象化能力で、学習効果が大きく変わってくることがわかると思います。
.
❤︎子どもの頭の中で「抽象化能力」を育てる
.
子どもは、生まれてから、いろいろなことを学んでいきます。
.
最初は、耳で聞き、目で見て、手で触り……
五感を使って、具体的なことを学ぶ中で、
だんだんと抽象的なことを理解していきます。
.
急に抽象的な能力を手に入れることはできませんし、
この抽象化はコンピュータに任せることもできません。
.
だから、この抽象化能力は、
読解力を学ぶ国語を通じて、具体と抽象を
論理力を学ぶ算数を通じて、数量関係の本質である抽象的概念を、
段階的に紐解かれている教材で、
子ども自身の理解のベースで、獲得していくしかありません。
.
アーガスの教材は、まさにそのような教材です。
.
アーガスの生徒は飛び級しています。例えば、
4歳の幼児が、自分で読み、国語や算数の勉強を始めたり、
小学生が中学の数学を勉強したり、
中学生が高校の数学を勉強したりできるのも、
アーガスの教材で、段階を踏んで学び、しっかりと抽象化能力が育っているからなのです。
.
今、子どもに抽象化能力があるのかどうかを心配するのではなく、
これから、無理せず、抽象化能力を育て、地頭を鍛える学びをさせてあげてほしいと思います。