ブログ

「なぜ?」-「何でだろう?」

こんにちは、東大阪市瓢箪山の個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。

.

.
❤️開成中学や灘中学の問題は、過去問を繰り返し解き、テクニックを完璧に覚えたとしても、決して解けません。
.
それが解ける、優れた"考える力"を持っている子どもとは、どんな子どもでしょうか。
.
それは、
"頭の柔らかい子"です。"頭の柔らかい"子は、一つの概念にとらわれることなく、多様な発想で考えることのできます。
.
❤️柔らかい頭は、「なぜ?」の気持ちから
.
子どもの力を伸ばすマジックワードは、「なぜ?」と「どうして?」です。
.
子どもたち、とくに幼い子どもは好奇心が旺盛です。彼らにとって世の中はたくさんの不思議に満ちた世界に見えています。
.
見ること、聞くこと、感じることのすべてに「?」を抱きます。
そこから、考える力が育まれ、自然と頭は柔らかくなっていきます。
.
❤️絶対やってはいけない2つの「なぜ」対応
.
「これはこうなっているから」と、すぐに正解を「教える」
.
こうすることで知識を与えていると思ってしまいがちですが、実は逆効果です。
.
「忙しい」「うるさい」と聞いてくること自体を否定してしまう
.
このような言葉をかけられてしまうと、子どもは自分から考えることをやめてしまいます。
.
❤️「何でだろう?」
.
すぐに答えを出さず「何でだろう?」と、子どもに問い返す
.
幼いなりに、子どもは自分で答えを考えるようになります。頭を使います。
.
何か新しいことに出会うたびに疑問が湧き、子どもは考えます。
.
そうやって考えれば考えるほど、子どもの頭には次から次へと新しい疑問が浮かんでくるはずです。
.
そうすることで、いろいろな可能性や関係性に気付く頭の柔らかさを手に入れることができるのです。
.
どんな子どもでも考える力を持つ可能性を秘めています。ですから、適切なタイミングで然るべきトレーニングを受ければ、間違いなく頭の柔らかな子どもに成長していけるのです。
.
❤️知識欲が湧き上がる
.
"知識欲"は、「なぜ?」と考え、
答えを得ることができれば「嬉しい」とか「楽しい」という気持ちが湧き上がってきます。
.
考える時間が長ければ長いほど、得られる喜びも大きいです。
.
ですから、考える力がつけば、勉強が楽しくなります。
.
もちろん、頭を使って考える習慣をつけるには幼い頃から始めるのがベストです。
それも早ければ早いほど良いでしょう。小学校に入る前からでも学ぶことは可能です。
.
❤️注意したい学び方
.
覚えることと考えることはまったく違うということです。
.
自分で考えたうえで得た答えは頭に残りますが、詰め込まれた知識は簡単には定着しません。
.
それを強引に「こうなんだ」と暗記させ、定着させようとすればするほど、子どもの頭は固くなってしまいます。
.
だから、子どものペースで、考えさせることが大切です。
.
❤️考える学び
.
わたしは、3歳4歳の幼児からでも、国語や算数を学ぶことは大切だと思っています。
.
ただし、それは、教えて、計算させ、暗記をさせることではありません。
.
「話し言葉には文字があるんだ」
「ひらがなを並べたら名前になるんだ」
「何でうさぎさんは笑ってるのかな」
「数が増えた、なぜかな」……
.
子どものペースで、「なぜ?」を自分で考え、理解していく学びです。
親や指導者は、あくまでも案内役、聞き役、理解できているかのチェック役です。
.
❤️いつからでも、正しい学びを
.
学びを始めるのは早いに越したことはないですが、
いつから始めるにしても、
「なぜ」を自分で考えながら、それを解決していくという学び方をすることが大切です。
.
その学びが、多様な発想で考える柔らかな頭を作り上げます。
そして、名門校に挑戦してほしいと思います。
.
ただし、
名門校の合格は、あくまでも通過点です。
子どもの目標・夢を拡げてあげて下さい。
.
考える力は、生きる力になり、夢に向かって、豊かに人生を歩んでいってほしいです。
また、リーダー不在の日本で、日本の新しいリーダーになって、豊かな社会を築いてほしいと思います。