ブログ

受験勉強は、社会に出てもすごく役立つ!

こんにちは、東大阪瓢箪山にある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。
.

.
受験シーズンの今、受験生の姿を見ていて、ふと思いました。
.
入試問題は、たくさんの暗記項目の中から、ひねった難問が出題されます。
「受験勉強は、社会では役立たない知識をつめこむものだ」とよく言われます。
.
でも、それって本当でしょうか。
受験は、学校に入学する手段であり、それ自体が目的ではありませんが、受験勉強で得るものは沢山あると思います。
.
まずは、
❤️忍耐力と勤勉さ
.
受験勉強の際には、相当量の知識を暗記しなければなりません。暗記に必要なのは、反復と継続です。
.
地道な作業ですが、忍耐強く努力を続けた結果か、点数に反映されます。
.
また、単調でつまらないけれど、やらなければならないことに直面したときに、「おもしろく続けるにはどうすれば良いか」という方法を工夫する訓練にもなります。
.
❤️分析力
.
知らない問題に向き合ったときの対応の仕方として、
国語・英語ならヒントとなりそうな文章に線を引いてみるとか、算数・数学なら図や表を描いてみるなど、
わかることを書き出して整理することが習慣になります。
.
状況をわかりやすく整理し、答えを導くために足りない要素は何かと考え、複雑な問題を単純な問題に分けて解くという分析力を身に着けることで、複雑にからみあった問題から、逃げずに対応できる力が得られます。
.
❤️読解力と観察力
.
時間内にすべての問題を解き終わるためには、「この問題は何が要点なのか、何を答えさせたいのか」を迅速に判断しなくてはなりません。
.
受験勉強で、この訓練を繰り返すことによって、「話の要点は何か、相手が求めている答えは何か」ということを考えられるようになります。
.
会話をするとき、相手の話の要点を把握し、相手の求める答えを推察する力はとても重要です。
.
❤️改善する力
.
受験勉強を行う期間はある程度長いので、その間に何度も模試を受けます。そのたびに、自分の現状を把握し、学習計画を立て、実行に移す、つまり、次の試験ではより良い成果が残せるように改善する、というプロセスを繰り返すことによって、効率化や改善する力を身に着けられます。
.
❤️受験勉強で得た力は無駄ではない
.
受験勉強で得られた、知識はもちろん、いろいろな能力、それに、受験勉強にのぞんだ姿勢は、"生きる力"の基礎ともなります。
.
わたしの塾では、受験生や生徒には、学びの姿勢を大切にするように話しています。
.
読んで、考える、覚えて、試す。
わからないことは、誤魔化すのではなく、真摯に受け止めて、どうしたらわかるようになるかを自分で考えて学んでいけるように、なってほしいと思っています。
.
そしてそれが、これからの社会で、大きな力になります!