ブログ

子どもの免疫力

こんにちは、東大阪市瓢箪山にある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。
.

.
❤️現代は"免疫力を弱める"環境にある
.
除菌・殺菌が行き届き、衛生環境がよくなりました。子どもたちは清潔な環境で安心な暮らしを送れるようになりました。
.
コロナの影響で、マスク、消毒……
.
その反面、
子どもたちが雑菌に触れる機会が減っていることが"免疫力"を弱める原因です。
.
コロナの影響で、ステイホーム……
.
パソコンやネット環境が進化し、
運動不足や睡眠不足、ストレスを抱えた子どもも増えており、これも"免疫力"を低下させています。
.
❤️免疫力を高める必要がある
.
免疫力を高めると、風邪などの感染症にかかりにくくなります。
また、
血行がよくなって脳や体の動きが活発になります。
.
❤️タンパク質で筋肉をつける
.
血液の中の白血球には、免疫を担当する細胞が集まっています。体温が上がると血流がよくなり、白血球が体中をめぐることで、免疫力が発揮されます。
.
体温を上げるには、体内に熱をつくる必要があります。筋肉はつねにエネルギーを代謝して熱をつくってくれます。ですから、タンパク質をしっかりとって筋肉をつけることが大切です。
.
❤️いろいろな栄養を食べる
.
腸には、体内の免疫細胞の60~70%が存在しています。
発酵食品・食物繊維・オリゴ糖は免疫機能を高め、
ビタミン類は、細胞の免疫機能を助け、
亜鉛などのミネラル類は、免疫細胞を保護します。
.
"旬の食材"を意識して、いろいろな栄養を食べることが大切ですね。
.
❤️"日光"を浴びる
.
太陽の光・紫外線を浴びることでビタミンDが生成されます。このビタミンDは、がん・自己免疫疾患・感染症の発症を予防します。
.
紫外線は、長時間浴びると皮膚の光老化が起こりますが、30分程度の散歩をするぐらいなら、多くのビタミンDが生成され、免疫力を高められます。
.
❤️十分な睡眠をとる
.
睡眠不足は免疫力を低下させます。
.
睡眠のリズムが整え、十分に睡眠をとれば、自律神経の働きがよくなって、低体温などの体温異常が減少し、免疫力が高まります。
.
❤️子どもに問いかけよう
.
免疫力という言葉は難しいので、
「体をばい菌から守るもの知ってる?」……
と子どもに問いかけて、
子どもに考える機会を与えましょう。
.
体のはたらき、食べ物の栄養、太陽の光、睡眠の影響….いろいろなことを子どもと一緒に学ぶことができます。
.
そして、これまで、何気なく食べているもの、散歩や眠ることに意味があることを知り、それらを大切にするようになると思います。
.
❤️私たちは、"学ぶことで、大切さを知る"んだと思います。