ブログ

リベラルアーツ

こんにちは、東大阪瓢箪山にある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。
.

.
共通テストが実施され、大学入試の真っ只中ですね。
 .
❤️答えのない問題
.
コロナの脅威、テクノロジーの発展やグローバル化によって複雑化する社会において発生する“答えのない問題”を解決するには、単一の専門領域の知識だけではなかなか解決できません。
.
それを解決するためには、
幅広い知識を持ち、さまざまな角度から物事を考えられる柔軟な思考が必要となってきます。
 .
❤️そこでリベラルアーツ
 .
リベラルアーツとは、現代社会のさまざまな問題に立ち向かうための“総合力“を養うことです。日本語に訳すと”一般教養“になります。
 .
日本の大学における“一般教養”は、“専門科目”を学ぶ前段階に学習するものだと捉えられています。
.
しかし、
欧米では、リベラルアーツは専門教育の下位に位置するものではなく、それ自体がひとつの学問体系として確立されています。
.
❤️リベラルアーツの起源
.
リベラルアーツは、古代ギリシャやローマで「人を自由にする学問」として生まれました。
5~6世紀の帝政ローマの末期には、
言葉に関わる、文法、修辞学、論理学
数学に関わる、算数、幾何、天文、音楽
併せて、自由7科になりました。
.
❤️欧米の学問体系
.
キリスト教世界で生きている欧米では、
学問を、
神が創造したものを"サイエンス"
人間が作りだしたものを"アート"
として、2つに分類します。
.
美術、文学、音楽はもちろん、文学、地理、歴史、建築、哲学は、アートに入ります。
.
サイエンス(科学)は、
"神がつくった世界である自然(ネイチャー)"を研究することです。
自然科学として、化学、物理学
自然界の一部である人間社会を研究する社会科学として、経済学、心理学
応用科学として、医学、工学
形式科学(学問をするためのツール)として、数学、コンピュータサイエンス
に分かれます。
.
日本の文系理系の分け方と違いますね。
.
また、アメリカでは、大学入学は、まず、その大学に入って、2年生や大学院で専攻を決めるらしいです。
.
日本では、〜大学〜学部入学と学部ごとに入学しますね。
.
❤️リベラルアーツとは、学術・学問の基礎
.
欧米の大学では、このリベラルアーツがすべてのアートとサイエンスの"入り口"と考えられています。
.
そして、これらの科目を履修し、専攻を決めます。
.
日本の大学も、その必要性からリベラルアーツ教育が徐々に採用されています。
.
❤️学ぶ姿勢・学力の土台、リベラルアーツ、そして、専門知識へ
.
先の見えない社会で、リベラルアーツを学ぶことは、総合的な判断力を与える"生きる力"を学ぶことになると思います。
.
わたしは、子どもたちに、
リベラルアーツや専門知識を学ぶ高等教育を受ける前の幼児・小学・中学・高校の間に、
"学ぶ姿勢"
自分のペースで、自分の力で読んで、考えて、そして、理解していく姿勢

"学力の土台"
高等教育を学ぶために必要な学力の土台
を身につけていってほしいと思います。