ブログ

受験と好きなこと

こんにちは、東大阪市瓢箪山にある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。
.

.
受験シーズン真っ只中、受験生を持つ親は落ち着かない日々をお過ごしだと思います。
.
「受験は何のために?」について考えてみます。
.
親は、子どもに「好きなこと・やりたいことを見つけて、自分らしい人生を歩んでほしい」ということを願います。
.
そして、そのために、"受験"を頑張って、いい学校に入学してほしいと考えますね。
.
それが、それが、
いつの間にか、「好きなこと……」が置き去りになって、手段のはずの"受験"が目的にすり替わっているんではないでしょうか。
.
❤️何のために受験するの
.
親の期待に応えて勉強に励み、希望の学校に合格した後、"ほっと、燃え尽きて"しまい、そこで成長がストップしてしまう子どもが多くおられます。
.
ですから、受験がゴールになってしまわないように注意してほしいと思います。
「なぜ受験をするのか?」ということを、親子で話し合ってみてください。
.
「わからない」
「親の期待に応えるため」
「仲の良い友だちが受験するから」
と子どもは答えるかもしれません。子どもの言葉を否定せずに受け止めて、一緒に考えてあげましょう。
.
❤️子どもの"好き"を見つける
.
「何のために勉強(受験)して、将来、何になりたいか」がわからない子どもには、子どもの"好き"を見つけてあげてください。
.
子どもの"好き"が勉強に関係なくてもかまいません。ただ、ゲームはNGです。
.
❤️"強み"を持たせることが"生きる力"につながる
.
好きな教科、スポーツ、芸術……"好き"なことに、思いっきりやらせてあげましょう。
.
子どもは、それを本気で取り組みますし、自主的に知識や技能を身につけていきます。そして、「自分はこなことが好きな、こんな人間なんだ」と自分についての理解も深めることができます。
.
それが自分の"強み"になり、"生きる力"につながります。
.
❤️まとめ
.
親が子どもの"好き"を引き出し、思い切りやらせてあげると、子どもは、"受験"や勉強についても、好意的に捉え、自主的に取り組めるようになっていきます。
.
そして、受験を乗り越え、本来の親の願いである「好きなこと・やりたいことを見つけて、自分らしい人生を歩んでいってほしい」という目的に向かって、学び続けてくれると思います。