ブログ

「ノー」と言い続けると、自ら行動できない子どもになる。「これやってくれる、お願い」と言おう!

こんにちは、東大阪瓢箪山にある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。
.

.
アメリカでは、赤ちゃんと親は別の部屋に寝ますから、赤ちゃんが夜中に泣いても、ママが来てくれないので夜泣きはないらしいです。
.
日本では、外国も比べると、子どもを非常に甘やかして、過保護に育ているようです。
.
❤️恥をかかせる
.
過保護に育てられたにもかかわらず、子どもと会話ができるようになると、
.
「まあ、そんなことしてはダメ、こんなにお行儀が悪くて、ほんと恥ずかしい」と人前で子どもに恥をかかせてしまうケースがありますね。
.
でもよくよく考えて見ると、甘やかされて育ち、行儀について何も学んでいない子どもが行儀よくできるはずがありません。
.
親としては、行儀よくしてほしいから、「できなくて、恥ずかしい」と子どもを叱っているんですが、知らないことをなじられた子どもの自尊心は傷つき、他人の目を気にするようになっていっても当然と言えます。
.
❤️日本の文化は、"恥の文化"
.
日本の文化は、他人の視線を気にする"恥の文化"だと言いますが、この日本の子育てが、恥の文化を生み出しているんではないでしょうか。
.
❤️「ダメ」「ノー」をやめよう
.
過保護に育てられると、子どもの行動は制限されますから、うまく・正しく行動できないことが多くなります。それを見て、親はつい「ダメ」「ノー」と言ってしまいます。
.
「ノー」と言われ続けると、周りを気にして、子どもは自分から行動することができなくなります。指示を待たないと行動できなくなります。
.
❤️「ノー」を言わない子育て
.
過保護に育てるのなら、子どもの行動について、「〜しなければいけない」という固定観念を持たず、「そういうこともありかな」と考えるようにしましょう。だから「ノー」という言葉は使いません。
.
代わりに、「これやってくれるかな、お願いね」という言葉を使いましょう。子どもを尊重しながら、強制は避けるのです。
.
すると、子どもは、最初は上手くできなくても、喜んで行動を起こすようになります。そして、手伝いにも積極的に参加するようになるでしょう。
.
❤️そして、このお手伝いは、子どもの成長にとって、すごく大切な行動なんですね。