ブログ

子どもの言葉の発達を左右する"マザリーズ"と"量と質"。その後の能力を高める!

こんにちは、東大阪市瓢箪山にある個別塾アーガス進学会東大阪校(学びスタジオ)の奥川悦弘です。
.

.
言葉の発達が早い子と遅い子は、何が違うのでしょうか?
.
❤️子供の言葉に違いが出る理由
.
📌マザリーズという話しかけ
.
マザリーズとは、抑揚をつけて、母音を強調し、話すトーンを高く、ゆっくりと、大げさな顔の表情もつけて、相手の反応を待つように間をとりながら、同じ言葉をくりかえすように話すことです。
.
マザリーズの話しかけるをして子どもと接していると、子どもが1歳半になったときには、そうでない子どもに比べて約2倍の言葉を話した、という成果が発表されています。
.
📌言葉の量と質が子どもに影響する
.
学歴が高く高収入の家庭の親は、低所得の家庭より3倍以上も語りかけていて、この差から、高所得者の子どものほうが言葉の発達が早い、ということも報告されています。
.
また、
子どもは、親の真似をして言葉を覚えていくため、親がどのくらい口元や表情に注意をしながら、相互にコミュニケーションをとっていたか、とういことも言葉の発達に非常に重要な要素になるそうです。
.
だから、
子供の言葉の発達は、男女差でも遺伝でもなく、聴覚が完成する胎生7ヶ月生から親がどのくらい(量)、かつ、どんな風に(質)話しかけていたか、が最も重要になります。
.
❤️言葉の発達度合が学力を高める
.
いえいえ、言葉の発達度合が最初はちがっていても、そのうちみんな同じくらい話せるようになるから心配しなくて大丈夫、という話をよく聞きます。
.
確かに、多くの子供は普通に会話ができるようになるということに間違いがありません。
.
でも、これほど発達に差がみられた言葉が、将来的な能力の差に全くつながらないかというとそうではありません。
.
言葉の発達が早く、幼稚園入学の時に言語能力が高かった子どもは小学校での成績が高いという結果が出ています。
.
「子どもの能力を高めたい」という思いで子育てをするならば、いろいろなお稽古事にかよわせることも大事ですが、どれだけの量をどんな風に話しかけるてあげたのか、も非常に重要になってくるということです。
.
❤️そして、小学校就学前に国語の学習を
.
一般に、3歳4歳頃から、文字に対する敏感期に入ります。今まで、聞いたり話していた言葉が、今度は、読んだり、書いたりすることへ強い感受性を持ち始めます。
.
ですから、この小学校就学前に国語の学習を始めることで、子どもの言葉をしっかりと育み、母語の確立、学びの土台を築いていってほしいと思います。