HOME > 成績アップの5つのポイント

1、さかのぼり学習を重視します。

1人ひとりに合った授業

family.jpg お子さんの今の学力を独自のテストで測定、目指す志望校をヒアリングの上、 「わからないところ」を「わかるまで」教えます。 また、「受験対策」「学校の成績アップ対策」といってもスタート時点の学力から、弱点部分や苦手な単元、理解や定着のペース、目指す目標に至るまで、個人によってその内容は千差万別です。 その生徒にとって 「何が必要で、何が大切なのか」 という視点から生徒1人1人の授業の進め方や授業計画を組み立て、インプット(理解・把握)&アウトプット学習(繰り返し学習)直しまた、間違えた問題についてはそのままにはせずにすぐに『直し』をさせていきます。 「-(マイナス)を忘れた。」 「ピリオド忘れた。」 などの間違いでもその問題を新たに解かせ、直しをしていきます。 そうすることで、小さな間違いを見逃さない勉強姿勢が身についていきます。

さかのぼり学習

また、さかのぼり学習(わからないところにまで戻っての学習)にも力を注いで指導していきます。 でも、学校の試験・入学試験等は、最後にはお子さんが1人で戦わなければなりません。 だからこそ、講師が、一方的にただ答えを教えるのではなく、 『自分の意志で頭を使って考えるように』 お子さん1人でも勉強ができるようにしていきます。

2、ノート指導を徹底

オリジナルノートの作成

各教科まとめノートと問題演習ノートの2冊をつかいます。

まとめノート

学びスタジオでは、経験豊富な講師陣が作成した「まとめノート」があり、新しい単元に入る時、復習の単元を行う時、理解がきちんとされていない時に、このノートを写します。

問題演習ノート

『問題演習ノート』に対しても、見やすく、わかりやすいノートにするための指導をしていきます。 例えば、書いた字が読みづらければ、書き直しをさせます。 数学(算数)では、=の位置についても、式の真ん中に書く方程式と式の先頭に書く式の計算では違ってきます。 また、途中経過式をきっちりと書くように指導します。 英語の場合には、穴埋め問題でも必ず1文を書かせます。 なぜなら、動詞で考えた場合 主語や時制でその形が変わるなど他の単語との関係で穴埋めの問題も決まってくるからです。 さらに、どうして自分が、間違った解答をしたのか? 一問一問省みる自己“自己分析“を書き込ませることで、同じミスを防ぎます。 学びスタジオでは、ノートづくりが成績のカギと考えています。しっかりとしたノート指導を行っています。

3、「宿題を」を軸とした授業内容を組み立てます。

お子様が、自宅で「宿題」に取り組めるようにします。

habit01_img01.jpg 学びスタジオでは、全ての教科において毎回『宿題』を出します。 『宿題』出すには、いくつかの理由があります。

①科学も証明

habit01_img01.jpg 『宿題』は、お子さんと講師との約束です。 『宿題』をやってくることは、約束を守ることであり、日常においても、友達や家族との約束を守ることは至極当たり前のことだと思います。 その約束を守るということを学んでもらうことも『宿題』を出す大きな要因です。 忘れたら、終わるまで居残りで宿題をやっていってもらいます。学びスタジオでは、約束を破らないためにも徹底して、宿題を管理しています。

②約束を守る

habit01_img01.jpg 子どもたちが頑張るプロセスを認めることです。 テストで80点を取ったことを誉めるだけではなく、その努力を認めることです。 勉強に自信が持てない子どもたちに対して、学びスタジオではスモールステップに学習を進めるように工夫しています。 授業では、ノートのとり方から指導していきます。 ノート指導が大切なのは、ノートが単なる記録のための道具ではないからです。 今日の授業で何が、大切な箇所であったのか、どんな部分が間違えやすいのか、何が自分の理解の中で不足しているのか?生徒には自分だけのノートをつくることで気づくことがいっぱいあります。 ノートのとり方を指導することを通して、私たちは生徒に授業内容を整理し、思い起す能力を身につけて欲しいと思っています。 ノートがしかりと書ければ、習った内容を確認する小テストの点数は必ず上がります。 小テストでの高得点は、小さな自信となり、定期テストでの得点アップに繋がっていきます。 ノート指導で、小さな自信を積み重ねる。 これが定期テストの得点アップや志望校合格という大きな目標を勝ち取るための学びスタジオのはじめの一歩です。

③習慣化

habit01_img01.jpg 習慣とは、朝起きたら、顔を洗う・食事をしたら、歯を磨くなど生活の中であまり意識もしないで行動していることが習慣だと思います。 勉強も、夕ご飯を食べたら、いつもと同じように勉強するとか、 風呂に入る前には机に向かうとか 1日の生活の中で当たり前のように行動でき、勉強が生活の一部になるようにしてもらえるために『宿題』を出していきます。

4、自由に選択できる「定期テスト対策授業」を受けていただくことができます。

habit01_img02.jpg学びスタジオでは、自由選択できる授業を用意しています。 その1つが、『定期テスト対策講座』です。 通常の授業でも、中間テストや期末テストの約3週間前からは中学校・高校の定期テスト対策授業になります。しかしながら、学びスタジオでは、全員のお子さんが5教科を選択していません。 定期テストに向けて、通常授業では、選択していない科目や通常授業にプラスして授業を受けることができる『定期テスト対策授業』を行います。 これは、0講座~何講座でも自由に時間数や科目を選べることができます。 「今回の中間テストは、理科を5講座・英語をプラスして3講座受講しよう。」 「今回は、自力で頑張ってみるから、受講しない。」 「試験勉強してわからなかったところを聞けるように、理科だけ1講座受講しよう。」 など そのときのお子さんの学習の進捗状況に合わせて受講できます。

お子様と一緒に計画を立てます。

さらに、お子さんの定期テストに向けて、お子さんとの面談を必ず定期テスト前に実施し、どのように勉強計画を立てるかなど一緒に考え、お子さんにとって最適な『定期テスト対策講座』を提案していきます。

5、英検・漢検・数検の準会場です。

学びスタジオで受検できます。 高校入試・大学入試に有利になる英検・漢検・数検の3つの検定試験を学びスタジオでは、すべて準会場校として登録しています。 申込の手続きも受検も学びスタジオで行うことができます。(英検の3級以上の2次試験は指定会場になります。)

検定試験対策

学びスタジオでは、受検3週間前から、英検・漢検・数検の対策をしっかりと進めていきます。

このページのトップへ