HOME > 中学生コース

中学生コース

全ての教科の土台である国語力を徹底して指導します!


お試し体験授業を受付中!

英語・数学・理科の授業を無料で体験ください。
お申し込みは、℡072-970-5581の奥川まで、お電話下さい。

中学生

高校入試を考えた上で、普段の中学校での学習内容とは切っても切りはずせません。
毎学期行われる、定期テストで確実に好成績を収めることが、希望する高校への何よりの近道になります。

学びスタジオでは、中学の学習内容の先取り学習を意識して授業を進めます。

そして、定期テスト2週間前からテスト対策授業と並行して通常授業でもテスト対策を行えるように授業を進めて行きます。

定期テスト直前の休日には教室を自習開放し、質問に答えるとともに、最終チェックを行います。

そして、つまずいたり、以前学習した内容が理解できていなかったりした場合は、原因を突き止め、戻りながら授業を進めていきます。

また、毎授業で、普段からの反復練習が必要な数学は計算テストを、英語は単語の確認テストを行い基準点以下の場合は、再テストもしくは授業後の補講練習を行い、基礎学力を高めると共に、

学習するうえで基礎となる計算をする力や暗記をする力を育てていきます。

中学校生活をおくるうえで、

「僕は絶対、八尾高校に行くんだ。」
「私は、夕陽丘高校か清水谷高校に行きたい。」
「家から近い、花園高校や布施高校に行く。でも、トップクラスで合格するんだ。」
「将来のことを考えて、資格が沢山とれるビジネスフロンティア高校に行くんだ。」

など、早くから受験や具体的な高校名を意識することが大切です。
入試試験での得点結果と同等に、内申点や中学校での生活態度や関心意欲、出欠席も合格するうえでは大変重要になってきます。

自分の行きたい高校へは、入試では何点必要か。
内申点がどのぐらい加点されるか。
検定では何級以上の資格を持っていれば有利になるか。

など、早くから調べておき常に意識していれば、対策がとることが早くからできます。

成績や内申点は、急に上がるものではありません。
また、入試直前に生活態度を改めても、過去の記録は書き換えることはできません。

入試直前に、「もっとちゃんと学校の授業を受けていればよかった。」

と後悔しない為にも自分の行きたい高校を目標にすることは、有意義に中学生活を送るうえで重要になってきますし、何より、中学生活の最後を「志望校合格」で締めくくることができます。

中学1年生の成績がそのまま中学校生活の3年間の成績になる

中学1年生中学校では小学校と違い部活動が始まります。
学校から帰ってきて疲れてしまい勉強どころではないといった状況から、やっと中学校の生活習慣に慣れてきたころに、最初の中間テストを迎えます。

各教科ともまだ、学校の授業もあまり進んでおらず小学校の復習や最初の単元といった箇所が出題され成績もまだあまり個人差が出てきません。

だからこそ、最初のテストでのつまずきは、中学生活を考えた上では命取りとなります。

夏休みが終わり10月・11月に迎える中間テストでは、英語では3人称単数など、数学では一次方程式や比例と反比例といった単元が出題され学習量および、理解度が成績に反映されだします。

また、英語、数学のこの辺りの単元は、2年生、3年生の学習内容の基礎となる内容で、理解していないと中学校全体の勉強がわからないという事態に陥ってしまいます。

約8割の生徒が中学1年生の成績がそのまま中学校生活の3年間の成績になるといわれていることから、いかにしっかりと中学1年生を終えるか、ということが重要です。
中学1年生の主な学習内容
国語 学習内容は年度が上がるごとに難易度が増す
説明的文章 文学的文章 韻文 古典 文法 漢字・熟語 語句
数学 正負の数 文字式の計算 一次方程式 比例と反比例 平面図形
空間図形 資料の整理
英語 アルファベット be動詞 一般動詞 疑問詞 名詞の複数形 命令文 三人称単数
代名詞 助動詞can 現在進行形 規則動詞の過去形 不規則動詞の変化
理科 生物:植物のつくりとはたらき・分類
地学:地層と化石 火山と地震 大気の変動
物理:光・音 力
化学:いろいろな物質・気体 水溶液・状態変化
社会 歴史:歴史のとらえ方 古代までの日本 中世の日本 近代の日本
地理:世界のさまざまな地域:世界のすがた 世界各国の人々の生活と環境
        世界の諸地域 世界のさまざまな地域の調査

高校受験の入試問題では2年生の学習内容がより重点を占める

中学2年生中学2年生になると、部活動では最上級学生年となり、また中学校の生活にも慣れて、ともすると気が緩みがちななり、勉強に集中することが難しい学年です。

しかし、 高校受験の入試問題では2年生の学習内容がより重点を占めてきます。

英語では、助動詞、不定詞や比較級といった内容は必ず長文読解に入ってきますし、また、英作文を書く上ではこれらの文法を使いこなせなくては分を書くことはできません。

連立方程式や一次関数、確率といった数学の単元は、計算問題や文章問題に頻繁に出題されます。
また、関数の複合問題などでも座標を求めるときには、必ず必要になります。
また、多くの生徒が苦手とする合同の証明も2年生で学習します。

理科では水蒸気量や電流、化学式といった内容があり、公式を使う計算の問題を多く学習します。

社会でも地理では日本についての学習に入り、また、歴史では江戸時代以降の改革などを学習するにあたり、そこからの入試出題率はより大きくなります。

中学2年生は入試を見据えてとても大切な時期を迎えますので、中学2年生の内容をしっかり理解していることは、入試に向けて大きなアドバンテージ になります。
中学2年生の主な学習内容
数学 式の計算 連立方程式 一次関数 平行と合同 図形の性質 確率
英語 過去形 過去進行形 未来形 助動詞must 接続詞 不定詞 動名詞 5文型
比較 受動態
理科 生物:細胞・動物のつくりとはたらき セキツイ・無セキツイ動物の分類・進化
地学:空気中の水蒸気 気圧と天気 季節と天気
物理:電気回路 電流と発熱 電流のはたらき
化学:物質の成り立ち・物質が分かれる変化 物質が結びつく変化 化学変化と質量・熱
社会 歴史:近世の日本 開国と近代日本の歩み 二度の世界大戦と日本 現代の日本と世界
地理:日本のさまざまな地域:日本のすがた 世界から見た日本のすがた
        日本の諸地域 身近な地域の調査

冬休み前までには、3年間の復習も終えておく

中学3年生高校入試における内申点の比重も増すことより、中学3年生はいよいよ高校入試を迎える大事な学年です。

入試の対策などを考えると冬休み前までには、中学3年生の内容を終えておくと共に、3年間の復習も終えておかなくてはなりません。

3年生前半は、中学3年生の内容をどんどん進め、夏期講習期間の復習と合わせて早くから入試に対する下準備をしておく必要があります。

また、英語の5文型や関係代名詞、分詞構文、数学の因数分解や平方根、二次方程式や、y=ax²、三平方は進学した高校生活ではすぐに学習する単元ですので、高校生活をスムーズにスタートさせるためにはしっかりと理解しておいたほうがよいでしょう。

夏休み明けより通常授業と並行して行う受験対策講座では、受験に必要な応用力やアウトプットの徹底を図るとともに、引き続き抜けている箇所の最終チェックを行い、その単元の穴埋めを徹底していきます。

国語では、文章読解や配点の高い作文対策、
平均点が毎年低い数学ではまずは、計算問題でのミスを徹底してなくし、またいかに加点を狙えるかを追求して行きます。
英語では、長文問題対策や英作文、
理科では、計算問題や記述問題、
社会では、資料問題や記述問題

を行い志望校合格目安点への足がかりを作って行きます。

受験3か月前では、過去問題集や、模擬試験から、志望校合格に必要な点数を算出し、どの問題で確実に点数を取るのか、計画や戦略を立て合格基準点到達を目指します。

また、私立高校入試直前では対策授業も行い単願受験はもちろん、併願受験者の対応も行ってまいります。

入試直前まで出題予想問題を繰り返し解き確実に合格点を取り、志望校合格を目指して行きます。
中学3年生の主な学習内容
数学 式と計算 平方根 二次方程式 y=ax² 図形の相似 三平方の定理
英語 受動態過去 現在完了 不定詞 接続詞 5文型 間接疑問文 分詞 関係代名詞
理科 生物:生殖と遺伝 生物のつながり
地学:太陽とその動き 星の動き・太陽系
物理:力のはたらきと運動 仕事とエネルギー
化学:化学変化とイオン 化学電池とエネルギー
社会 公民:わたしたちの生活と現代社会 人間の尊重と日本国憲法 現代の民主政治と社会
        わたしたちのくらしと経済 地球社会とわたしたち

公立高校入試のポイント

国語
  • A問題の記述は問題数や指定字数の減少して解きやすくなった。
  • B問題の出題傾向は昨年と同じだが難易度は低め。記述は要点を的確に読み取る問題が中心。
  • C問題の現代文は2題とも読みやすい内容で、時間配分もしやすかった。記述問題では字数が55字程度だった。
  • ただ、本文中から適切な言葉を抜き出す問題は、内容を正確に読み取らないと正確にたどり着かない。古文は、場面や状況を思い描いて内容を理解する問題が多く出題される。
数学
  • A・B問題とも、式の計算、方程式、関数、図形の問題構成でまんべんなく出題されています。
  • B問題ではC問題と同テーマを易しくした問題が出題される。
  • C問題は記述問題は2題で、1題は「証明」、もう1題は「関数」または「整数問題」。
  • 出題傾向は年々難易度が高くなっている。解ける問題を見極められたかがポイントになりそうです。
英語
  • A問題:大問1は基本的な語彙、文法問題、英作文は「メールの内容」を正確に書けるかが求められた。
  • B問題:英語で解答する記述問題が増加している。
  • リスニングは様々な状況でのコミュニケーション力が重視される。
  • C問題:筆記30分、リスニング25分と実施時間が大幅に変更。筆記では注釈以外は設問を含めすべて英語、大問数は昨年までの3題から9題に。英文自体は平易だが、読む量が増え、スピードが求められた。
  • リスニングでは最初に英文を読み、英文を聞き取り、主張を要約するという3技能を要する問題が出題された。
社会
  • 昨年度は、大問は4問構成とし、「神戸」「伊勢志摩サミット」「わが国の文字や文学」「選挙権年齢引き下げ」を題材とした。
  • 資料を活用する技能や思考力、判断力を試す問題が多い。
  • 地理は地形図の読み取りや距離を求める問題、
  • 歴史は時代の把握を問う問題、
  • 公民は選挙権や日本国憲法の原則を尋ねる出題があった。
理科
  • 構成は中1~中3で学んだ内容がほぼ均等に出題されている。
  • 問題数は増える傾向にあり、限られた時間内に多くの問題文を読み取る力と、正確に解答するスピードが求めらる。
  • 基本的な知識や計算力を問う問題の他、水生生物の行動や水酸化ナトリウム水溶液の製造法など、実験や観察結果から科学的・論理的に考える力を問う問題が出題される。

※画像クリックで拡大します

お問い合わせはこちら

このページのトップへ